鉄遊館

北海道中央バス

日野 KK-RJ1JJHK改

走行音(全区間)(65.8MB*)

収録区間:三笠線 幾春別町→岩見沢ターミナル

 

KK代のレインボー。日野のレインボーはいすゞとのバス事業統合の兼ね合いもありこのKK代で製造中止となっている。車体はP代のころから続く角ばったものとなっており、KK代では逆T字窓が多くの事業者で採用されている。収録の路線は、国鉄幌内線の廃止代替路線も兼ねる路線だが、本数は30分に1本程度と廃線前の鉄道とは比べ物にならないほど多い。路線距離は21.0kmと長めだが運賃は560円、所要時間1時間弱とかなり健闘している。走行音は扉まわりや運賃箱まわりのガタつきが多いのが残念だが、信号待ちも少なく、快調に飛ばす様子はよく分かると思う。

 

*画像はクリックすると別窓で拡大画像を表示します。

前から 外観。P代のころから続く角ばった車体形状が特徴。
リア リアの様子。テールライトは角型2灯で、ごく標準的な構成となっている。
車内 車内。元は札幌市内で活躍していたのか一人掛け座席が多く、ラッシュ輸送を考慮した構成となっている。

前のページへ戻る