鉄遊館

北海道中央バス

日野 KC-RU1JJCA

走行音(全区間)(65.3MB★)

収録区間:幌向線 南4条つくし公園→岩見沢ターミナル

 

KC代ブルーリボンだが、車体長9m、幅2.5mの大型短尺車で、中型車レインボーと同じエンジンを積む。輸送力は確保したいが中型車のような小回りの利く車両が欲しい事業者のための車種で、全国的には少数派だが一時期の北海道中央バスには大量に導入された。FFシフト装備で、純粋な大型車に比べるとやや迫力に欠けるもののそれでも「ツーツツー」とシフトアップの度に気持ち良いエア音を立てる。また、車体構造の関係からかエンジン音がかなりはっきりと聞こえるのが特徴で、非常に聴きごたえのある仕上がりの走行音となった。収録の幌向線は幌向駅近くの住宅地と岩見沢駅を、岩見沢市立病院や市役所を経由して結ぶ路線で、岩見沢駅に行くには遠回りの経路となるが病院や市役所を訪れるには便利なためそれなりの需要がある。

 

日野 KC-HU2MLCA

走行音(全区間)(41.6MB★)

収録区間:新琴似2条線 北73系統 北24条駅→新川営業所→手稲高校

 

元横浜市交通局のKC代ブルーリボンで、まとまった数が移籍導入された。側面の行先表示機の位置など改造箇所もあるが、座席モケットが横浜市営時代のベイブリッジなど横浜市内の名所が描かれた柄のまま残されているため、車内に入れば横浜市中古と一発で分かる。全体的に篭ったような響きが特徴で、冷房作動中だったこともありアイドリング音が大きめとなっている。

 

日野 KL-HU1JJEA

走行音(全区間)(25.3MB★)

収録区間:かえで団地線 かえで団地→岩見沢ターミナル

 

KL代ブルーリボンシティだが、車体長9m、幅2.5mの大型短尺車で、中型車レインボーと同じエンジンを積む。輸送力は確保したいが中型車のような小回りの利く車両が欲しい事業者のための車種で、ブリーリボンシティの車体長9m車については路線用では全国でも北海道中央バスのみの導入で、希少価値が高い。低床化対応がなされず全車ツーステップ車で、交通バリアフリー法施行の関係もあり販売開始から2年後の2002年で製造中止となった。走行音は、KC代と比べると篭ったような音で、迫力は半減といったところか。

 

日野 KK-RJ1JJHK改

走行音(全区間)(65.8MB*)

収録区間:三笠線 幾春別町→岩見沢ターミナル

 

KK代のレインボー。日野のレインボーはいすゞとのバス事業統合の兼ね合いもありこのKK代で製造中止となっている。車体はP代のころから続く角ばったものとなっており、KK代では逆T字窓が多くの事業者で採用されている。収録の路線は、国鉄幌内線の廃止代替路線も兼ねる路線だが、本数は30分に1本程度と廃線前の鉄道とは比べ物にならないほど多い。路線距離は21.0kmと長めだが運賃は560円、所要時間1時間弱とかなり健闘している。走行音は扉まわりや運賃箱まわりのガタつきが多いのが残念だが、信号待ちも少なく、快調に飛ばす様子はよく分かると思う。

 

いすゞ KL-LT233J2

走行音(全区間)(57.0MB★)

収録区間:平岸線 平50系統 平岡営業所→福住駅→平岸駅

 

KL代エルガの車体長9m、幅2.5mの大型短尺車。エルガの大型短尺車はKL代のみの製造で、PJ代の排ガス規制には対応させずに製造中止となった。中型車エルガミオと同じ直6エンジンを積むため、音もほぼ同じとなっている。全国的には割と希少価値の高い車両だが、中央バスには大量に在籍しており、主力車の一つとして活躍している。

 

いすゞ QKG-LV290Q1

走行音(全区間)(31.8MB★)

収録区間:篠路駅前団地線 麻32系統 麻生駅→篠路10条4丁目

 

2015(平成27)年の終わりにエルガはモデルチェンジが行われ、仕様が大幅に変更となった。ブルーリボンⅡも同様のモデルチェンジが行われ、両者は外観上はほぼ区別がつかなくなった。モデルチェンジ内容はノンステップエリアの拡大とそれに伴うリアオーバーハングの縮小、エンジンの4気筒化、前照灯の縦2灯から1灯への変更、MT車の廃止(トルコンATまたはAMT(機械式AT)のみのラインナップ)である。中央バスではこのタイプが札幌事業部の各営業所に大量に導入され、主力として活躍している。中央バスではトルコンATを採用し、4気筒エンジンながら滑らかな加速を実現した。エンジン音は中型車エルガミオに近い軽い音だが、ターボのガラガラ音が強めになるなど相違点もある。

 

三菱ふそう KC-MP717MT

走行音(全区間)(41.6MB★)

収録区間:真栄団地線 大88系統 大谷地駅→三井アウトレットパーク

 

元神奈川中央交通のワンロマ車で、神奈中在籍時は青色に塗られて他車とは一線を画す存在だった。扉配置こそ一般の路線車と同じ前中扉だが、車内はリクライニング可能なハイバックシートが並ぶ豪華仕様。エンジンは高速道路走行も考慮してか、高出力エンジンを装備している。神奈中時代は一般路線のほか短距離貸切用としても重用されたが、中央バスでは他車同様の一般色に塗られ、一般路線用として活躍しており運用は特に区別されていない。走行音は、一般的なエアロスターと比べると高出力エンジンのためかターボの音が強めに出ており、響きがやや異なっている。

 

日産ディーゼル UA460KAM

走行音(全区間)(33.3MB★)

収録区間:北桑園線 西51系統 北24条駅→札幌駅前

 

2000(平成12)年に登場した元札幌市営バスの日産ディーゼル製フルフラットノンステップ車で、市営バスの民間移譲に伴い中央バスに営業所・路線と共に移籍してきた。エンジンは当時の中型トラック用のものを装備しており、後のRA系列に搭載されるエンジンのベースとなっている。KL-UA272KAMの型式認定前の試作車で、そのため排気ガス規制記号が付かず、型式そのものもKC代のフルフラットノンステップバスと同じUA460KAMを名乗る。走行音はトルコンの甲高い音と、後のRA系に通じる軽い感じのエンジン音が特徴。試作車ということもあってか走行中は車体各所のガタつきが目立つ。

 

日産ディーゼル PK-RP360GAN

走行音(全区間)(18.0MB★)←new!!!

収録区間:北広島団地線 北広島駅前→山手町4丁目

 

全国的にも珍しい日デの大型短尺車で、KL代に続き製造最終ロットとなるPK代でも導入された。かなりの希少車で、営業車として導入された会社はこの中央バスの他には京浜急行バス、江ノ電バスのみの計3社、台数も合計で25台程度となっている。エンジン等、駆動系の部品は中型車RMと同じものが採用されており、日野製の直5エンジンを搭載している。音も同じで、独特の甲高いエンジン音が特徴。

 

日産ディーゼル PKG-AP35UM

走行音(全区間)(35.1MB★)

収録区間:元町線 東70系統 北24条駅→東営業所

 

PKG代エアロスターが日産ディーゼルにOEM供給され、「スペースランナーA」として販売されたのがこの車両。PKG代エアロスターも実際はスペースランナーRA系列と同じエンジンを使用し三菱ふそう製の車体を架装したもので、RA系の三菱車体版とも言える。外見はどう見てもエアロスターだが、前面にはNISSAN DIESELのロゴがあり日デ車と分かる。車体が異なるためRA系とはエンジンの響きが異なり、この車両の方が篭って聞こえる。


前のページへ戻る