鉄遊館

京成バス

日野 KL-HU2PREA

走行音(全区間)(29.5MB*)

収録区間:香澄団地線 幕11系統 新習志野駅→幕張本郷駅

 

KL代のワンステブルーリボンシティ。下ぶくれの独特の形状のフロントマスクはこのKL代からの採用。エンジンは排気ガス規制の関係でKC代のノンステップバスで採用されたものを改良し、搭載している。篭ったようなエンジン音が特徴で、音が小さいため他の音に掻き消されがち。シフトチェンジの時のFFシフトの音がよく響いている。収録の走行音の運転士が丁寧に案内される方で、良い雰囲気となっている。

 

日野 PJ-KV234L1

走行音(全区間)(その1)(30.9MB*)

収録区間:ファイターズタウン線 Fs02系統 西船橋駅→市川営業所

走行音(全区間)(その2)(18.8MB*)

収録区間:大久保線 津02系統 二宮神社→津田沼駅

 

PJ代のブルーリボンⅡ。ブルーリボンⅡはPJ代まで前照灯がエルガと同じく縦に2個づつ計4個で、PKG代より左右に1灯づつとなる。このため、このPJ代まではエルガとの見分けが殆ど付かない。京成バスはいすゞと日野をメインに、松戸営業所は三菱中心という車種構成で、いすゞと日野が多く当然エルガも在籍することから、話がかなりややこしくなっている。

 

日野 PKG-KV234N2

走行音(全区間))(22.6MB*)

収録区間:コロンブスシティ線 幕22系統 幕張本郷駅→海浜幕張駅

 

PKG代のブルーリボンⅡ。この代からエルガと見分けが付くよう、前照灯が左右に1灯づつとなった。PKG代ではPJ代からターボが改良され、トルクが大幅に向上している。エンジン音でも明らかにPJ代よりターボ音が大きくなり、低く野太い音になったのが分かる。

 

日野 PKG-KV234L2

走行音(全区間)(その1)(17.0MB*)

収録区間:国分線 松52系統 松戸駅→北国分駅

走行音(全区間)(その2)(37.3MB*)

収録区間:長沼原線 稲31系統 山王町→稲毛駅東口

 

PKG代のブルーリボンⅡ。この代からエルガと見分けが付くよう、前照灯が左右に1灯づつとなった。PKG代ではPJ代からターボが改良され、トルクが大幅に向上している。エンジン音でも明らかにPJ代よりターボ音が大きくなり、低く野太い音になったのが分かる。

 

日野 QPG-KV234N3

走行音(全区間)(24.6MB*)

収録区間:秋津団地線 津51系統 津田沼駅→新習志野駅

 

QPG代のブルーリボンⅡ。オートマ車の燃費の改善が進み、他社ではオートマ車での導入もかなり増えてきた世代だが、京成バスではマニュアル車で導入。走行音は前の世代と比べ静音化したが、鳴っている音そのものは変わらない。

 

日野 QDG-KV290N1

走行音(全区間)(22.2MB*)

収録区間:大久保線 津02系統 津田沼駅→二宮神社

 

2015(平成27)年の終わりにブルーリボンⅡはモデルチェンジが行われ、名称もⅡが取れてブルーリボンとなった。エルガも同様のモデルチェンジが行われ、両者は外観上はほぼ区別がつかなくなった。モデルチェンジ内容はノンステップエリアの拡大とそれに伴うリアオーバーハングの縮小、エンジンの4気筒化、前照灯の縦2灯から1灯への変更、MT車の廃止(トルコンATまたはAMT(機械式AT)のみのラインナップ)である。京成ではトルコンATを採用。エンジン音は4気筒化に伴い中型車エルガミオに近い軽い音となった。大型車にしてはかなり非力そうな音だが、ちゃんと走っている。

 

日野 QSG-HL2ASAP

走行音(全区間)(18.8MB*)

収録区間:袖ヶ浦団地線 津41系統 袖ヶ浦団地→津田沼駅

 

2015(平成27)年の終わりにブルーリボンシティハイブリッドはブルーリボンⅡと同時にモデルチェンジが行われ、ブルーリボンⅡと共通デザインの車体となった。車体こそいすゞ車ベースだが足回りや走行システムは日野独自開発のもので、いすゞのエルガハイブリッドのように車内デッドスペースは無い。改良点としては屋根上のバッテリー搭載部分が小型化されて車体高さが下げられたこと、始動時にモーターのみで走行可能となったことが挙げられる。エンジンはブルーリボンⅡ同様4気筒化されたが、ブルーリボンⅡとは異なる日野独自開発のエンジンである。走行音は、日野の4気筒エンジンということでリエッセやポンチョのような低く野太い感じのエンジン音となった。モーターの音も聞こえるが、エルガハイブリッドと比べると小さな音となった。

 

日野 QSG-HL2ANAP

走行音(全区間)(20.9MB*)

収録区間:大久保線 津01系統 津田沼駅→三山車庫

 

2015(平成27)年の終わりにブルーリボンシティハイブリッドはブルーリボンⅡと同時にモデルチェンジが行われ、ブルーリボンⅡと共通デザインの車体となった。車体こそいすゞ車ベースだが足回りや走行システムは日野独自開発のもので、いすゞのエルガハイブリッドのように車内デッドスペースは無い。改良点としては屋根上のバッテリー搭載部分が小型化されて車体高さが下げられたこと、始動時にモーターのみで走行可能となったことが挙げられる。エンジンはブルーリボンⅡ同様4気筒化されたが、ブルーリボンⅡとは異なる日野独自開発のエンジンである。走行音は、日野の4気筒エンジンということでリエッセやポンチョのような低く野太い感じのエンジン音となった。モーターの音も聞こえるが、エルガハイブリッドと比べると小さな音となった。

 

いすゞ KL-LV280N1

走行音(全区間)(22.2MB*)

収録区間:国分線 市41系統 市川駅→国分高校

 

KL代エルガで、KC代キュービックと同じくV8エンジン装備。車体はキュービックとは全く異なるものとなったが、足回りは同車のものを引き継いでいる。PJ代以降とはクーラーの形状やエンジンルーバーの位置ですぐに見分けが付く。排ガス規制対応のためかKC代キュービックより全体的に低音が強い音となり、迫力がさらに増している。京成バスでは古参車の部類に当たり、廃車や子会社への転籍車が増えている。収録の路線は全体的に細めの道路を走るため速度はあまり出ないが、運行本数は多く利便性は高い。

 

いすゞ QQG-LV234L3

走行音(全区間)(その1)(31.9MB*)

収録区間:富貴島線 市63系統 市川駅→本八幡駅

走行音(全区間)(その2)(45.4MB*)

収録区間:鹿骨線 新小71系統 江戸川スポーツランド→新小岩駅

 

導入の進むエルガハイブリッド。日野のハイブリッド車とは異なりバッテリーを客室内に設置しているのが特徴で、そのため最後部の座席の運転席側2席の部分に機器室を設置している。また、発進時にエンジンを使用せずモーターのみ使用するため、モーター音がよく聞こえる。電車で言うところの直角カルダン駆動のような重厚なモーター音が特徴で、加速途中から起動するエンジン音とともに独特の走行音となっている。

 

いすゞ QRG-RU1ASCJ

走行音(全区間)(117MB*)

収録区間:成田空港第二ビル→葛西駅→一之江駅→小岩駅

 

空港リムジンバス用として後部にトイレの付いたガーラ。車内は4列シートで、側面窓はT字窓となっている。直6エンジンだが観光タイプらしく、重厚感のある音となっている。収録の路線は成田空港と江戸川区の各駅を結ぶ路線で、一般道に入ってからは環状7号線をひたすら走る。葛西駅からの経路は一般路線バスの環7シャトルと重複している。

 

いすゞ QKG-LV234L3

走行音(全区間)(40.6MB*)

収録区間:鹿骨線 新小71系統 新小岩駅→江戸川スポーツランド

 

2015(平成27)年の終わりにエルガはモデルチェンジが行われたが、モデルチェンジ前最後に導入されたグループがこちら。新型エルガ導入へ向けてのテスト的な意味合いなのか、ミッションがアリソン製トルコンATとなっている。収録の路線は新小岩駅と篠崎・瑞江駅を結ぶ江戸川営業所の主力系統のうち、江戸川スポーツランド止まりの入庫便で、終点の江戸川スポーツランドはバス停の目の前が営業所となっている。江戸川地区は道路事情によるものなのか京成バスのなかでは全体的に回転数高めの運転をする運転手が多く、収録時も都営バスには及ばないが割とエンジンを回していた。

 

いすゞ QDG-LV290N1

走行音(全区間)(その1)(25.3MB*)

収録区間:姫宮団地線 本11系統 本八幡駅→医療センター入口

走行音(全区間)(その2)(28.2MB*)

収録区間:都賀線 つ01系統 御成台車庫→都賀駅

 

2015(平成27)年の終わりにエルガはモデルチェンジが行われ、仕様が大幅に変更となった。ブルーリボンⅡも同様のモデルチェンジが行われ、両者は外観上はほぼ区別がつかなくなった。モデルチェンジ内容はノンステップエリアの拡大とそれに伴うリアオーバーハングの縮小、エンジンの4気筒化、前照灯の縦2灯から1灯への変更、MT車の廃止(トルコンATまたはAMT(機械式AT)のみのラインナップ)である。京成ではトルコンATを採用。エンジン音は4気筒化に伴い中型車エルガミオに近い軽い音となった。大型車にしてはかなり非力そうな音だが、ちゃんと走っている。

 

三菱ふそう PA-MK27FM

走行音(全区間)(32.8MB*)

収録区間:高塚線 本35系統 医療センター入口→大町駅

 

一時期製造されていたエアロミディの10.5m車で、いわゆる中型ロング車。車体こそ長いが駆動系は一般的な9mの中型車と変わりなく、走行音も一緒。PA代ミディらしい軽快な音が特徴。収録の路線は医療センター入口と大町駅を市川大野駅経由で結ぶ系統で、系統の頭に「本」が付いているにも関わらず本八幡駅を経由しない。医療センター入口バス停は市川営業所入口と呼んだほうがいいような場所にあり、市川営業所バス停とは目と鼻の先。はっきり言って、行き先別に乗り場を分けてバス停名も変えましたという状態。いずれのバス停も到着したバスは営業所へと入庫する。

 

メルセデスベンツ シターロG

走行音(全区間)(15.6MB*)

収録区間:新都心・幕張線 幕01系統 海浜幕張駅→幕張本郷駅

 

新都心営業所に所属し、新都心・幕張線専属で運用される連接バス。連接バスは国産車では存在しないため、メルセデスエンツ車の導入となった。なお、この連接バスは2代目で、先代は富士重工車体にボルボシャーシの車両だった。今回は車体も含めて純正の海外製で、非常口の代わりにハンマーが設置されていたり、後ろ向き座席が設置されていたりといった点が特徴。車体幅は欧州規格のため国産車より50mm広い。エンジンは後部車両の最後部に搭載されており、後部車が前部車を押す。直列6気筒で、国産車ではKC代やKL代の日デ車に近いような、ガラガラと派手に唸るエンジン音が特徴。変速機は海外製らしくトルコンを採用。ZF製で、国産初期ノンステップバスと同じような甲高い音を立てる。


前のページへ戻る