鉄遊館

東京都交通局

いすゞ KL-LV280L1改

走行音(全区間)(42.2MB*)

収録区間:新小22系統 葛西駅前→一之江駅前→新小岩駅前

 

江戸川営業所所属のKL代エルガ。type-Aと呼ばれる車内通路に段差のあるタイプのノンステップバスで、V8エンジン搭載。都営バスらしく全体的に回転数高めで、迫力のある音となっている。

 

いすゞ KL-LV834L1改

走行音(全区間)(42.6MB*)

収録区間:平23系統 葛西駅→平井駅

 

臨海支所所属のKL代エルガCNG車。type-Bと称されるフルフラットノンステタイプの車両で、後部にエンジンルームを持つのが特徴。直6エンジンやZF製トルコンAT採用の足回りなど、キュービックノンステを引き継ぐ部分が多い。CNG車についてはエンジン出力が190PSと低く、パワーが無い。走行音はディーゼル車と比べると低音が弱く、甲高い音が目立つ。

 

いすゞ PJ-LV234L1

走行音(全区間)(40.9MB*)

収録区間:端44系統 駒込病院→北千住駅前

 

千住営業所所属のエルガ。PJ代からCNG車を除きエンジンが中型車エルガミオ用の直6エンジンにターボを付けたものに変更になったが、トルクが細くなったため、回さないとパワーが出なくなった。都営バスでは都心部の混雑した道路を所定のダイヤで走らなければならず、他の事業者と比べても高い加減速が要求されるため、非常に迫力のある唸りを聞くことが出来る。

 

いすゞ PJ-LV234L1改

走行音(全区間)(36.9MB*)

収録区間:葛西24系統 なぎさニュータウン→葛西駅前→船堀駅前

 

臨海支所所属のPJ代エルガCNG車。CNG車についてはPJ代になってもエンジンはV8エンジン搭載となっている。なお、都営バスではKL代のエルガCNG車は全車、上述のKL-LV834L1改で導入されていたため、V8エンジン搭載のエルガCNG車はPJ代のみの存在。わずか5台しか導入されなかったため、希少価値が高い。エンジン音は低音が弱く、全体的にKL-LV280ディーゼル車と比べるとはっきりしない音となっている。

 

いすゞ PKG-LV234L2

走行音(全区間)(36.8MB*)

収録区間:亀26系統 亀戸駅前→今井

 

臨海支所所属のエルガ。PKG代ではPJ代からターボが改良され、トルクが大幅に向上しているが、都営では相変わらずぶん回している。収録の路線は元々トロリーバスとして運行されていた路線を通常のエンジンで走行するバスに置き換えた路線で、終点停留所の「今井」は今では単なる操車所だがかつてはトロリーバスの車庫だった。

 

いすゞ QPG-LV234L3

走行音(長区間)(26.0MB*)

収録区間:品91系統 品川駅港南口→八潮パークタウン

走行音(全区間)(30.6MB★)←new!!!←大爆走してました

収録区間:亀26系統 今井→亀戸駅前

 

エルガはPKG代の次はLKG代を飛ばしQPG代での導入となった。Z代、A代と2年連続で導入されている。PKG代との相違点は排気ガス浄化システムに尿素水(アドブルー)を使用するようになったこと、後部の換気扇が丸型から箱型のクールファンに変わったことである。走行音は他社であればPKG代よりやや大人しくなっているが、都バスは飛ばすので相違点がほぼ分からない。

 

いすゞ QKG-LV290N1

走行音(全区間)(17.3MB★)←new!!!

収録区間:臨海28乙系統 臨海車庫→葛西駅前前

 

B代も続いてエルガが導入されたが、モデルチェンジを受けて大幅に仕様が変更になっている。モデルチェンジ内容はノンステップエリアの拡大とそれに伴うリアオーバーハングの縮小、エンジンの4気筒化、前照灯の縦2灯から1灯への変更、MT車の廃止(トルコンATまたはAMT(機械式AT)のみのラインナップ)である。都営ではトルコンATを採用。エンジン音は4気筒化に伴い中型車エルガミオに近い軽い音となった。

 

日野 KL-HR1JNEE

走行音(全区間)(19.4MB*)

収録区間:臨海28乙系統 臨海車庫→葛西駅前

・走行音(全区間)(20.8MB*)

収録区間:東42乙系統 南千住車庫→浅草雷門

 

都営バスで大量導入された日野HRロング。中型車の車幅ながら大型車並の全長を持ついわゆる「中型ロング」車で、車両価格が大型ノンステップ車より安いため2000年代初め頃大量に導入された。収容力が純然たる大型車より低いことや使い勝手の問題もあり、廃車が進んでいるが、大量導入されたこともあり今なお主力の座を退いていない。日野HRは回さないとパワーが出ないということもあり都営バスでは大抵アクセルはべた踏みで、悲鳴のようなエンジン音を立てている。

 

いすゞ PKG-KV234L2

走行音(全区間)(11.6MB*)

収録区間:学02系統 早大正門→高田馬場駅前

 

小滝橋営業所所属のブルーリボンⅡ。同世代のエルガとの相違点は前照灯が左右1灯ずつな点のみ。PKG代ではPJ代からターボが改良され、トルクが大幅に向上しているが、都営では相変わらずぶん回している。収録の学02系統は早大正門と高田馬場駅を結ぶ系統で、短距離ながら運行本数が非常に多いことや、早大正門と地下鉄早稲田駅が少し離れていること、早大生の高田馬場駅利用者の多さから学生や地元住民に多く利用されている。

 

三菱ふそう KL-MP37JK

走行音(ターボ付・長区間)(15.5MB*)

収録区間:平28系統 平井駅前→東大島駅前

走行音(ターボ付・全区間)(30.6MB*)

収録区間:早77系統 早稲田→新宿駅西口

 

大量導入とまではいかなかったが、三菱車指定の営業所にぽつぽつと在籍しているエアロスター。2002年式から東京都ディーゼル規制に適合するため低圧ターボ付きとなっている。識別点は非公式側の最後部の側窓の大きさで、低圧ターボ付はその部分の窓が小さくなっている。2003年式は異色の殆どの窓が固定窓という仕様になっており、かなりの違和感。走行音は、ターボ付と無しで響きが異なり、後者は低音とガラガラ音が強くなっている。

 

三菱ふそう KL-MP37JK改

走行音(全区間・その1)(33.3MB*)

収録区間:亀26系統 今井→亀戸駅前

走行音(全区間・その2)(26.3MB*)

収録区間:臨海28乙系統 一之江駅→葛西駅→臨海車庫

 

臨海支所所属のエアロスターCNG車。大きく出っ張った屋根上のガスボンベカバーが特徴的。アリソン製トルコンAT装備が標準仕様となっており、都営では同世代のディーゼル車はMTだが本車はATとなっている。走行音は「ブオーン」という感じの音で、ディーゼル車とは大きく異なる響きとなっている。

 

三菱ふそう KK-MK27HM

走行音(全区間)(45.2MB*)

収録区間:草41系統 足立梅田町→浅草寿町

 

2002年の一度のみ導入されたエアロミディのロングボディ(10.5m)タイプ。当時流行の中型ロング車の中でもエアロミディは販売台数がそれほど多くなく、特にKK代は導入事業者が限られる。千住営業所所属車は収録の草41系統で重点的に運行されており、場所によっては台数の割に頻繁に見かける車両ということになる。音は標準的なKK代のエアロミディの音だが、都営バスらしく区間によってはエンジンをかなり回しており、迫力ある音が楽しめる。

 

日産ディーゼル KL-JP252NAN

走行音(全区間)(24.0MB*)

収録区間:葛西22系統 葛西駅前→一之江駅前

 

臨海支所所属の西工96MC架装の日産ディーゼルJP。中型車の車幅ながら大型車並の全長を持ついわゆる「中型ロング」車で、車両価格が大型ノンステップ車より安いため2000年代初め頃大量に導入された。収容力が純然たる大型車より低いことや使い勝手の問題もあり、廃車が進んでいる。車体が長い分車体重量も増え、排ガス規制記号もRM系列とは異なっている。エンジンはRM系列と同系列のものを搭載するが、出力アップのためにターボを付けており、RM系列よりガラガラ音が強く迫力が増した音となっている。

 

日産ディーゼル PKG-RA274KAN

走行音(全区間)(31.3MB*)←白金高輪駅前までnzm様も乗車。

収録区間:田87系統 田町駅前→渋谷駅前

 

渋谷営業所所属の西工96MCボディ架装の日産ディーゼルRA。収録の田87系統は戦前からある都営バスの中でも伝統のある系統で、戦前は現在の東急バスの管轄だった。第二次世界大戦に伴う陸上交通事業統制法により、当時の市営バスの路線となり、現在に至る。日デRAは本来であればエンジン音のかなり小さな車両だが、都営バスはダイヤの関係や都市部の混雑した道路を通ることもあり、容赦なくぶん回すため良くエンジン音が響いている。


前のページへ戻る