鉄遊館

広島電鉄

日野 U-HU3KMAA

走行音(全区間)(89.0MB*)

収録区間:熊野線 広島バスセンター→熊野萩原→熊野車庫前

 

熊野出張所に在籍する高出力ブルーリボン。広島市内と郊外を結ぶ路線にはこの車両のような高出力車が使用される。いすゞキュービックや日野ブルーリボンではこの車両のように標準出力車と高出力車で異なるエンジンを使用していた。そのため走行音も両者で異なっている。熊野線は途中海田大橋や広島熊野道路といった有料道路も通るため、迫力のある走りが堪能出来る。

 

日野 QKG-KV234N3

走行音(全区間)(16.4MB*)

収録区間:矢野ニュータウン線 熊野営業所→矢野駅

 

熊野出張所に在籍するブルーリボンⅡ。広電バスでは新型車には積極的にオートマ車を導入している。路線名は異なるが、経路の大半は熊野線と一緒。途中有料道路の広島熊野道路を経由するためそれなりに速度を出すが、エンジン音が静音化されているからか先代のブルーリボンのような迫力はない。

 

いすゞ QQG-LV234N3

走行音(全区間)(15.6MB★)←new!!!

収録区間:エキまちループ右回り 広島駅→広島駅

 

曙営業課に在籍するいすゞエルガハイブリッド。広電バスでは積極的に低公害車の導入が行われており、CNGバスやハイブリッドバスが多数活躍している。そんな中で、ハイブリッドバス導入第1号車がこの車両である。バッテリーを客室内に設置しているのが特徴で、そのため最後部の座席の運転席側2席の部分に機器室を設置している。また、発進時にエンジンを使用せずモーターのみ使用するため、モーター音がよく聞こえる。電車で言うところの直角カルダン駆動のような重厚なモーター音が特徴で、加速途中から起動するエンジン音とともに独特の走行音となっている。

 

三菱ふそう KC-MP747K

走行音(全区間)(15.6MB★)

収録区間:5号線 5-1系統 広島駅前→大学病院

 

曙営業課に在籍する三菱ふそうエアロスターノンステップ車で、広島県初のノンステップバスとして導入され「Peace号」の愛称が付いている。独自の塗装が特徴で、これは同時期に導入された広島バスの車両と塗り分けが合わせられている。収録の大学病院線でよく見かける車両の1つで、短い路線ながらダイヤがキツいのかエンジンフル回転のド迫力の走りである。


前のページへ戻る