鉄遊館

広島バス

日産ディーゼル KC-UA460LSN

走行音(全区間)(42.3MB*)

収録区間:23号線 横県線 横川駅→大学病院

 

元船橋新京成バスのKC-UA。多数が在籍していた5Eなどの旧型車を置き換えるために導入された。ワンステップバスだが黒サッシの2段窓と特徴的な仕様で、この車両の世代の新京成バスの特徴が垣間見える。ダイヤに余裕が無いのかかなりアクセルを踏み込んだ上にエンジンブレーキも使用しており、かなり迫力のある音となっている。

 

三菱ふそう KC-MP617M

走行音(全区間)(64.8MB★)←new!!!

収録区間:30号線 高陽線 玖村車庫→広島駅

 

自社発注の富士重工7Eで、三菱ふそうシャーシを架装する。三菱ふそうシャーシと富士重工ボディの組み合わせはかなり珍しい存在で、特にKC代では全国でも10数台が製造されたのみである。中扉4枚折戸で、側窓が銀サッシのメトロ窓となっており、ひと昔前の広島バスを象徴するスタイルとなっている。走行音は純正ボディと比べると大幅にクリアにエンジン音が聞こえるのが特徴となっている。


前のページへ戻る