鉄遊館

北陸鉄道

7000系

走行音(全区間)(39.8MB*)

収録区間:石川線 野町→鶴来

制御方式:抵抗制御

主電動機:HS836Frb(96kW)

 

元東急7000系。それまでの雑多な旧型車を置き換えるべく、1990(平成2)年に導入された。足回りは東急7000系のものを使用せず、台車・主電動機は西武701系の、主制御器はJR103系の廃車発生品であるなど、他社の部品を使用している。主電動機HS836Frbは、国鉄MT54と同等品だが、その音はMT54の唸りとはやや音色が異なり、私鉄電車らしい?やや甲高い唸りとなっている。西武時代同様、MT46風の唸りを発する車両も存在する模様だが、乗車出来ていない。北陸鉄道では電鐘式踏切警報機が多数使用されており、上の走行音ファイルでも何度もその「ジャンジャン」という独特の警報音を聞くことが出来る。

 

8000系

走行音(8800番台、全区間)(23.2MB*)

収録区間:浅野川線 内灘→北鉄金沢

制御方式:抵抗制御

主電動機:TDK807/3C(100kW)

 

元京王3000系。北鉄金沢駅地下化と、架線電圧の1500V昇圧のため、導入された。譲渡されたのは初期グループ5編成分の先頭車であるが、元第1・2編成編成は片開き客用扉・狭幅車体、第3~5編成は両開き客用扉・広幅車体と仕様が大幅に異なっており、北陸鉄道では前者を8800番台、後者を8900番台として区別している。足回りは中間車のものを付随車であった先頭車に移設の上、そのまま使用しており、全車が電動車となっている。走行音は、京王時代と変わらない、国鉄形のMT54に似たタイプの音を立てる。譲渡元・足回りが共通の上毛電鉄700形とは音そのものは同じだが、電動車比率の問題で(上毛は1M1T編成)こちらの方が加速度が大幅に高く、音の上がり方が異なる。


前のページへ戻る