鉄遊館

伊予鉄道

610系

走行音(全区間)(48.2MB*)

収録区間:高浜・横河原線 大手町→横河原

制御方式:抵抗制御

主電動機:TDK824(75kW)

 

1995(平成7)年に登場した車両で、車体は新造、足回りは流用品で構成される。車体は片側3扉、18m級のステンレス製のもので、前面は非貫通。前面窓は大型の1枚窓で、軽快さを出している。足回りは京王5000系由来の制御器と東武2000系由来の台車・主電動機を組み合わせている。走行音は独特の重厚なモーター音が特徴。全電動車だった東武2000系と異なり1M1Tの編成構成のため、加速度が低く東武時代と異なる雰囲気になっている。収録の列車は休日朝のみの高浜線大手町始発の列車で、古町車庫から回送されてきた列車が大手町駅からそのまま営業運転に入る珍しい運用。

 

3000系

走行音(全区間)(35.9MB*)

収録区間:郡中線 松山市→郡中港

制御方式:VVVFインバータ制御(東洋2レベルIGBT)

主電動機:TDK6333-A(120kW)

 

2009(平成21)年に登場した車両で、元京王3000系後期車。車体関係は塗装の変更以外特に大幅な改造はされていないが、足回りはVVVFインバータ制御に変更された。制御装置・主電動機ともに東洋電機製で、変調音もその標準的なもの。床の点検蓋が埋められていないため、音がかなりクリアに聞こえるのが特徴。

 

モハ50形

走行音(後期型)(全区間)(39.6MB★)←new!!!

収録区間:市内電車6系統 道後温泉→本町六丁目

制御方式:抵抗制御

主電動機:MB-336LR2(50kW)

 

1951(昭和26)年から活躍する軌道線の主力車両で、製造時期により車体が異なるのが特徴。特に、51~61号車と62~75号車では別形式と呼んでもいいほどに仕様が異なっており、製造当初は足回りすら全く別物だった。当時の路面電車としてはオーソドックスな抵抗制御、吊掛駆動となっており、独特の唸りを上げて松山市内を縦横無尽に走り抜けている。特に後期型はモーター音が特大音量になっており、ファンには堪らぬ走行音である。

 

モハ2100形

走行音(全区間)(31.2MB★)

収録区間:市内電車5系統 JR松山駅前→道後温泉

制御方式:VVVFインバータ制御(東洋2レベルIGBT)

主電動機:TDK6250-AまたはTDK6251-A(60kW)

 

2002(平成14)年に登場した伊予鉄道初のVVVF車。アルナ車両のノンステップ路面電車車両「リトルダンサー」シリーズの一員で、単車タイプとなっている。台車を運転席のある車体両端に寄せ、その部分を高床構造とすることで、客室となる車体中央部をノンステップ化した。空調装置や制御装置など主要機器は全て屋根上に搭載しており、CPは座席下のスペースに収めた。制御装置は路面電車用ではシェアNo.1の東洋電機製。走行音は東洋IGBTの標準的な変調パターンとなっており、加減速が多いため頻繁に変調音を聴くことが出来る。


前のページへ戻る