鉄遊館

伊豆急行

2100系

走行音(1.70MB)

収録区間:富戸→城ヶ崎海岸

制御方式:抵抗制御

主電動機:TDK-806(120kW)

 

1985(昭和60)年に登場した車両。床が階段状となった展望席や、海側を向いた座席などジョイフルトレインのような設備が特徴だが、基本的に普通列車用である。多客期には一部の車両が特別車「ロイヤルボックス」を連結して臨時特急「リゾート踊り子」号として東海道線東京まで乗り入れている。「ロイヤルボックス」では、トンネル通過時に天井に星空の演出が行われるのが特徴。足回りは、第1,2編成は100系の廃車発生品を使用している。第3編成以降は完全新製となったものの、仕様は第1,2編成に合わせられている。走行音は国鉄形電車チックな音。

 

 

*画像はクリックすると別窓で拡大画像を表示します。

外観 大きな前面窓が特徴の外観。普通列車用には見えない。
車内 車内の様子。座席配置は非常に独特。このほかにも数パターンの車内構成がある。


前のページへ戻る