鉄遊館

新京成電鉄

800形

走行音(その1)(1.17MB)

収録区間:鎌ヶ谷大仏→初富

走行音(その2)(1.01MB)

収録区間:常磐平→八柱

制御方式:抵抗制御

主電動機:MB-3183A(120kW)

 

1971(昭和46)年に登場した、新京成で実質的に初の自社発注車。新京成独自のスタイルがまだ確立されていなかったからなのか、全体的に京成の電車の影響を強く受けている。現在、新京成で片開き扉を持つのはこの車両のみである。更新工事が行われたため、前面形状が製造時と変わっている。駆動方式はこの車両以降新京成の標準となるWN駆動で、主電動機も新京成標準の三菱製。走行音は、高速域で国鉄形車両のような音を立てるのが特徴。小田急9000形に似ている。

 

8000形

抵抗制御車走行音(その1)(1.17MB)

収録区間:京成千葉線 稲毛→みどり台

抵抗制御車走行音(その2)(1.36MB)←全く電制が効いていない

収録区間:初富→鎌ヶ谷大仏

制御方式:抵抗制御

界磁チョッパ車走行音(0.99MB)

収録区間:薬園台→前原

制御方式:界磁チョッパ制御

VVVF化改造車走行音(1.17MB)

収録区間:京成千葉線 幕張本郷→幕張

制御方式:VVVFインバータ制御(三菱2レベルIGBT)

 

1978(昭和53)年に登場した、新京成初の両開き扉車。独特の前面形状が特徴で、そのスタイルから「習志野の狸」と呼ばれている。制御方式は初期の2編成は抵抗制御だが、第3編成以降は界磁チョッパ制御となった。両者ではパンタグラフの数が異なる。京成千葉線乗り入れに伴い、京成の保安装置の取り付け、塗色変更などが行われている。最近では、VVVF制御化改造が進行中である。走行音は、抵抗制御は京成3500形にも似た音で比較的静か。界磁チョッパ車は起動時の唸りが特徴。VVVF化改造車は、非同期音は三菱IGBTの標準的な音である。東芝製の全閉自冷式モーターを採用したため、中速域以降は独特の音になっている。

 

8800形

オリジナル車走行音(712KB)

収録区間:滝不動→高根公団

制御方式:VVVFインバータ制御(三菱GTO初期)

主電動機:MB-5018-A(135kW)

ソフト変更車走行音(全区間)(60.9MB*)

収録区間:松戸→京成津田沼

制御方式:VVVFインバータ制御(三菱GTO)

主電動機:MB-5018-A(135kW)

機器更新車走行音(全区間)(85.9MB★)

収録区間:松戸→千葉中央

制御方式:VVVFインバータ制御(三菱SiC)

 

1986(昭和61)年に登場した中小私鉄としては初のVVVF車。その後の大手私鉄でのVVVF車大量増備の先駆け的存在でもある。新京成でも最大勢力となっていて、8連12本が在籍している。電機品には三菱製のものが採用されていて、オリジナル車に関しては音もまさにその最初期のものである。現在全車に改造が行われ、8900形で実用化された純電気ブレーキが使えるようにインバータのソフト変更が行われたり、またドアチャイムが取り付けられたりして、オリジナル車は消滅した。また、全編成登場時の8両編成から6両編成への編成短縮が行われており、一部車両には先頭車化改造も行われた。走行音は、オリジナル車は初期のVVVF車らしい変調の多い音だったが、更新車ではやたら低い間延びしたような音に変わっている。2016(平成28)年より老朽化した走り装置の更新が開始され、三菱製のフルSiC使用の制御装置となって装置の小型軽量化が図られている。同時に主電動機も換装され、従来の8800形とはまるっきり異なる、「ヒューーキュイーン」という感じの静かな音となっている。

 

8900形

走行音(全区間)(61.9MB*)

収録区間:京成津田沼→松戸

制御方式:VVVFインバータ制御(三菱GTO後期)

主電動機:MB-5018-C(135kW)

 

1993(平成5)年登場の車両。日本で初めて純電気ブレーキ・シングルアームパンタを採用した。この他にも数々の新機軸が見受けられる。電機品は新京成の伝統なのか三菱製で、走行音もその後期の標準的な音。主電動機は8800形とはほぼ同じもののようで、音もほぼ同じ。

 

N800形

走行音(全区間)(60.9MB*)

収録区間:松戸→京成津田沼

制御方式:VVVFインバータ制御(東洋2レベルIGBT)

主電動機:MB-5117-A(125kW)

 

2005(平成17)年登場の新京成では最新鋭の車両。新京成では久しぶりの新型車である。京成千葉線乗り入れに対応しており、基本設計は京成3000形に準じている。車体の4本のラインは沿線の習志野・船橋・鎌ヶ谷・松戸の4市を表している。また京成3000形には装備されていなかった純電気ブレーキを搭載している。加速度は京成3000形に準じているため従来車と比べると高い。制御装置は新京成の従来車とは異なり東洋製で、音もその標準的な音。起動時と停車時に「ピコ~」と鳴るのが特徴。主電動機は三菱製で、高速域の音がかなり静かなのが特徴。制御装置・主電動機共に京成3000形との共通品。


前のページへ戻る