鉄遊館

JR車両

JR北海道    JR東日本    JR東海    JR西日本    JR四国    JR九州

1000形

走行音(ワンマン)(1.90MB)

収録区間:高徳線 讃岐牟礼→志度

走行音(ツーマン)(1.69MB)

収録区間:土讃線 土佐長岡→後免

機関:SA6D125-H(400PS/2100rpm)

変速機:DW14C(変1,直2)

 

1990(平成2)年に登場した四国の一般型気動車で、全車が両運転台車である。片側3扉の扉配置ではあるが、中央のみ両開き、両端の扉を片開きとなって いる。座席はロングシートとセミクロスシートが点対称に配置されている。これらの特徴により、ワンマン運転にもラッシュ時の輸送にも柔軟に対応できるよう になっていて、これらは後に登場する7000系電車にも引き継がれている。機関は2000系気動車のものをさらにパワーアップしたものであり、変速機も 2000系と同じ新潟製ながら別形式に変更されている。ブレーキ方式は在来車と異なるため、両者の併結はできない。走行音は、こもったようなエンジン音が 特徴。排気ブレーキを常用するため、減速時にもエンジンの音が聞こえる。

 

1200形

走行音(全区間)(55.6MB*)

収録区間:牟岐線 阿南→徳島

機関:SA6D125-H(400PS/2100rpm)

変速機:DW14C(変1,直2)

 

1000形を1500形と併結可能とするために連結器を交換、トイレの設置、ドアの押しボタン式半自動ドア化とした車両。徳島地区の1000形の大半にこの改造を施され、車番が変更となっている。車体塗装も1500形に準じたものに変更されており、1000形とは一目で識別が可能。足回りに大きな変更はなく、走行音も1000形時代と変化無い。

 

1500形

走行音(その1)(1.66MB)

収録区間:徳島線 鮎喰→府中

走行音(その2)(3.03MB)

収録区間;土讃線 佃→阿波池田

走行音(全区間)(21.5MB*)

収録区間:牟岐線 牟岐→海部

機関:SA6D140HE-2(450PS/2100rpm)

変速機:DW21D(変1,直4)

 

2006(平成18)年に登場した四国の一般型気動車で、徳島地区を中心に活躍する。全車、両運転台車で、客用扉は片側3カ所だが、1000形と異なり全 て片開きである。車内は全席クロスシートとなった。機関は小松製で、環境対策としてJRで初めてコモンレール式燃料噴射装置を採用した。変速機は変速1 段、直結4段の多段式である。走行音はキハ127形に似ている。排気ブレーキ常用で ある点もキハ127形と同じ。

 

2000系

走行音(全区間その1)(62.1MB*)

収録区間:宇野線・瀬戸大橋線・予讃線 「南風」25号 岡山→多度津

走行音(全区間その2)(88.1MB*)

収録区間:土讃線 「南風」25号 多度津→土佐岩原(運転停車)

走行音(全区間その3)(63.5MB*)

収録区間:土讃線 「南風」25号 土佐岩原(運転停車)→高知

機関:SA6D125-H(330PS/2000rpm)

走行音(N2000系・全区間)(101MB★)←new!!!

収録区間:高徳線 「うずしお」31号 高松→徳島

機関:SA6D125H-1A(350PS/2000rpm)

変速機:TACN-22-1601(変1,直2)(全車共通)

 

1989(平成元)年に登場した四国各線を走る特急形車両。世界で初めて制御付き自然振り子式を採用した。JR四国の看板車両といっても過言ではないほど の活躍を見せている。最初に登場した試作車には「TSE」(Trans Shikoku Experimentalの略)という愛称が付いている。最高速度は初期製造の車両は120km/hだが、1995(平成7)年以降130km/h運転対 応の改良型も製造され、N2000系と呼ばれている。このグループの車両では、機関出力増強のみならず、車体デザインなど細部に至るまで変更点が多い。機 関は小松製、変速機は新潟製であり、走行音もそれらしい音となっている。N2000系は初期製造の車両に比べエンジン音が大きく。響き方もやや異なってい る。排気ブレーキ常用で、減速時にもエンジン音が響く。

 

6000系

走行音(全区間)(58.1MB*)

収録区間:予讃線 多度津→高松

制御方式:VVVFインバータ制御(東芝GTO後期)

主電動機:S-MT62(160kW)

 

1995(平成7)年に111系の置き換えを目的として登場した車両。コスト削減のために他形式との共通部品を多用している。車掌のドア扱いを円滑に行う ため運転台背後のスペースを多く取っている。そのため、客用扉は運転台直後のみ片開きとなっている。また中間車にも集札を行うための車掌用のスペースが設 置されている。当初は111系を全車この形式で置き換える予定だったが、資金面から2編成6両が登場したのみで増備は止まり、残りはJR東日本から購入し た113系の改造車で置き換えられた。制御方式は8000系と同方式のVVVFインバータ制御が採用されたが、本形式では回生ブレーキが使用できるように なった。制御装置は8000系と同じ東芝製。走行音もその標準的な音。

 

7000系

走行音(GTO・全区間)(58.8MB*)

収録区間:予讃線 多度津→高松

制御装置:VVVFインバータ制御(日立GTO初期)

主電動機:S-MT58(120kW)

 

1990(平成2)年に登場した瀬戸大橋線を除くJR四国の電化区間全線で運用される電車。M車は両運転台、増結用のTc車は片運転台構造で、単行運転も可能である。また、ワンマン運転にも対応しており、実際に単行の列車を中心に行われている。客室レイアウトは先に登場した1000形気動車をベースとしており、ロングシートとセミクロスシートが点対称に配置されているのが特徴となっている。制御方式はVVVFインバータ制御だが、これはJRの車両の中ではかなり早い時期での採用である。制御装置は日立製で、素子はGTO。走行音は当時の日立GTOの標準的な音で、207系(900番台)などに似ている。7016号車は制御装置が富士電機製・IGBT素子のものに交換されており、他車とは走行音が異なっている。(未収録)

 

8000系

走行音(試作車・全区間その1)(21.3MB)

収録区間:予讃線 「いしづち」31号 高松→多度津

走行音(試作車・全区間その2)(52.6MB)

収録区間:予讃線 「いしづち」31号 多度津→伊予西条

走行音(試作車・全区間その3)(46.7MB)

収録区間:予讃線 「いしづち」31号 伊予西条→松山

制御方式:VVVFインバータ制御(東洋GTO後期)

主電動機:S-MT59(150kW)

走行音(量産車・全区間その1)(120MB*)

収録区間:予讃線 「いしづち」101号 高松→伊予西条

走行音(量産車・全区間その2)(103MB*)

収録区間:予讃線 「いしづち」101号 伊予西条→松山

制御方式:VVVFインバータ制御(東芝GTO後期)

主電動機:S-MT60(200kW)

 

1992(平成4)年に予讃線の電化区間拡大に合わせて登場した車両。「しおかぜ」「いしづち」で活躍する。2000系気動車同様、制御付き自然振り子式を採用、曲線区間での速度向上に貢献している。最高速度は130km/hである。試作車と量産車で搭載機器が異なっていて、試作車が東洋電機製、量産車が 東芝・東洋電機製(東芝製ベース)の制御装置を搭載、両車で走行音が異なっている。主電動機出力も両車で異なる。走行音は、試作車は東洋電機、量産車は東芝の特徴が出ている。ブレーキは発電ブレーキであるため、減速時にはあまり音がしない。

 

JR車両

JR北海道    JR東日本    JR東海    JR西日本    JR四国    JR九州

前のページへ戻る