鉄遊館

埼玉新都市交通(ニューシャトル)

1000系

走行音(1.15MB)

収録区間:内宿→羽貫

制御方式:可逆式サイリスタレオナード制御

 

大宮と内宿を結ぶ新交通システム「ニューシャトル」の開業とともに登場した車両。全線に渡って東北・上越新幹線の高架の横を走っているのが特徴。登場時期により2種類の前面形状が存在する。制御方式は新交通システムでよく見られる可逆式サイリスタレオナード制御である。走行音はあまりはっきりとしない甲高 いモーター音と第三軌条の地下鉄のようなジョイント音?がするのが特徴。電源が三相交流600Vなので起動時にはコンバーターの音も入っている。

 

2000系

走行音(全区間)(34.9MB*)

収録区間:大宮→内宿

制御方式:VVVFインバータ制御(東洋2レベルIGBT)

 

開業時から活躍する1000系が老朽化してきたため、その置き換え用として登場した車両。ステンレス車体、VVVFインバータ制御採用と、1000系とは大きく異なる車両となった。内装は1000系同様オールロングシート。制御装置は東洋電機製。走行音は、東洋IGBTとしてはごく標準的な変調パターンだが、ゴムタイヤ駆動のため独特の雰囲気となっている。


前のページへ戻る