鉄遊館

東京都交通局

300形

走行音(全区間)(29.5MB*)

収録区間:日暮里・舎人ライナー 日暮里→見沼代親水公園

制御方式:VVVFインバータ制御(三菱2レベルIGBT)

 

2008(平成20)年、路線の開業とともに登場した車両。ゴムタイヤ駆動の新交通システムで、片側2扉の5両編成。ゆりかもめの車両と少し似た形態をしているが、座席配置が大きく異なり、こちらのほうがシートピッチが広く快適である。制御装置は三菱製。ゆりかもめ7200系に似た音だが、全く同じ音ではなく微妙に異なる部分もある。

 

5200形

走行音(1.01MB)

収録区間:浅草線 戸越→五反田

制御方式:抵抗制御

 

1976(昭和51)年に登場した浅草線唯一のステンレス車。8連1本のみの在籍。最初は1960(昭和35)年に登場した5000形の最終増備車として製造された。この車両は三田線の6000形の登場後の新造であったためか、他の5000形が鋼製であったのに対し、現在の5200形に当たる6連2本のみがステンレス製で、外観が他の5000形と大きく異なるものであったため5200番代を名乗っていた。5000形鋼製車は老朽化が進んでいたこと、非冷房であったことなどから5300形の増備に伴い全車廃車となった。残ったステンレス車は6連2本から8連1本へと組み替えられて、形式も5200形となって現在も活躍している。だが、高速性能が悪いため、運用は限定されていて、京急線には通常は入線することはなく、京成線も高砂以東には入線しなかった。そのため、2006(平成18)年に現役を引退した。走行音は、足回りは5000形鋼製車と同じためか、初期の高性能車に多い甲高く小さいモーター音が特徴。

 

5300形

走行音(ソフト変更後・全区間)(121MB★)

収録区間:北総線・京成押上線・浅草線 印旛日本医大→西馬込

制御方式:VVVFインバータ制御(三菱系GTO)

 

1991(平成3)年、当時の浅草線の主力車両であった5000形を置き換えるために登場した車両。車体はアルミ合金製である。現在、4社の路線に乗り入れていて、なかなか顔の広い車両でもある。制御方式はVVVFインバータ制御で、制御装置は三菱・日立・東芝・東洋の合作であるが、基本設計は三菱GTOの後期タイプのものだと思われる。何故か増備途中で制御装置のソフト変更が行われ、現在では大部分の車両がソフト変更車となっている。走行音は、当初は近鉄などで聞けるタイプの音だったが、ソフト変更後は非同期が高い音になって独自の音となった。

 

6300形

走行音(GTO)(全区間)(66.1MB★)

収録区間:三田線 西高島平→白金高輪

制御方式:VVVFインバータ制御(三菱系GTO後期)

走行音(IGBT、ソフト変更後)(長区間)(65.5MB★)

収録区間:三田線 白金高輪→西高島平

制御方式:VVVFインバータ制御(三菱系IGBT[IPM])

 

1993(平成5)年、当時三田線の主力だった6000形を置き換えて、保安装置をATOに変更するために登場した車両。現在ではもちろんATOによる自動運転が行われ、さらに東急目黒線にも乗り入れている。1・2次車と3次車では外観は似ているものの3次車は1・2次車とは車内レイアウトが異なる。座席配置は1・2次車は車端部にボックスシートを設置したセミクロスだが、3次車はオールロングシートである。制御方式はVVVFインバータ制御で、三菱・日立・東芝・東洋の合作であるが、5300形同様三菱製のものがベースになっている。素子は1・2次車がGTOで、3次車はIPM使用のIGBTとなっている。走行音は1・2・3次車共三菱の標準音であり、音が大きいのが難点。なお、1・2次車の走行音は5300形とは異なるものである。2009年に3次車はソフト変更が行われ、停車寸前の音が変化している。

 

10-000形

走行音(強制風冷チョッパ)(0.98MB)

収録区間:新宿線 瑞江→篠崎

制御方式:強制風冷式電機子チョッパ制御

走行音(フロン沸騰冷却式チョッパ)(1.04MB)

収録区間:新宿線 東大島→船堀

制御方式:フロン沸騰冷却式電機子チョッパ制御

走行音(GTOチョッパ)(1.00MB)

収録区間:新宿線 船堀→東大島

制御方式:GTOチョッパ制御

 

1971(昭和46)年に試作車が、1978(昭和53)年に量産車が登場した新宿線用の車両。長期に渡って増備が続けられ、最終増備車の登場はすでにVVVF全盛の時代に突入した1997(平成9)年である。そのためか、外観や車内にもいくつかのバリエーションがある。なお、この車両は都営地下鉄唯一の電機子チョッパ制御車である。素子の冷却方式に2種類の方式があるほか、素子自体にも逆導通サイリスタとGTOの2種類がある。走行音は、関東地方では比較的少ない低いチョッパ音が特徴。モーター音は比較的静か。初期の強制風冷チョッパ車はファンの音がうるさい。前面形状が異なるGTOチョッパ車はチョッパ音がやや小さい。

 

10-300形

走行音(全区間)(65.4MB*)

収録区間:新宿線・京王新線 本八幡→笹塚

制御方式:VVVFインバータ制御(三菱3レベルIGBT)

 

2005(平成17)年に登場した都営地下鉄の最新鋭車。JR東のE231系をモデルとして製造されていて、相違点は前面形状と塗色、車内の配色くらいに留まる。同系列に、中間車に10-000形を挟んで先頭車のみ新造の10-300R形も存在する。モーターの音もE231系そのものである。一部の編成では後年中間車が増備の上で組み込まれ、10両編成化が行われている。

 

10-300R形

走行音(全区間)(63.5MB*)

収録区間:新宿線・京王新線 本八幡→笹塚

制御方式:フロン沸騰冷却式電機子チョッパ制御

 

2004(平成16)年に、一つ上で紹介した10-300形より一足早く登場した、10-300形とほぼ同じ車体を持つ新造の先頭車と、比較的新しく、余剰となった10-000形の中間車を組み合わせて登場した車両。元10-000形の中間車は、先頭車に合わせて後に方向幕のLED化、次駅表示器・ドアチャイムの設置が行われている。足回りは変更されていないため、走行音自体はドアチャイム以外は10-000形時代と変化はない。

 

7000形

走行音(2.08MB)

収録区間:荒川線 早稲田→鬼子母神前

制御方式:抵抗制御(吊掛駆動)

 

1954(昭和29)年に登場した都電の車両。登場時は前面2枚窓のスタイルであり、7020号車(当時)は直角カルダン駆動の試作車として製造された。荒川線に残ったのは後期に製造された7055~7078・7081~7084・7086・7087・7089号車(当時)で、ワンマン運転とホーム嵩上げ実施のため車体が現在の前面1枚窓のものに更新された上で、車番が7001~7031に揃えられた。この時点ではまだ非冷房だったが、後年冷改が行われ、現在は全車冷房付である。最近では方向幕のLED化やシングルアームパンタ化が行われている。後述の7500形とともに、都内唯一の吊掛駆動車である。走行音は、路面電車の標準的な吊掛サウンド。都電最盛期の名残なのか、「チンチン電車」の語源ともなった、発車時に鳴るベルが付いている。

 

7500形

走行音(2.62MB)

収録区間:荒川線 荒川車庫前→宮ノ前

制御方式:抵抗制御(吊掛駆動)

 

1962(昭和37)年に登場した都電の車両。当時すでに都電は廃止路線が続出しており、そのためバスの設計を一部取り入れるなどしてコストの削減が図れている。7000形の足回りと8000形の車体デザインを参考にして造られたため、間をとって7500形となった。7500形は車齢が若かったため、荒川線以外の路線が全廃されると荒川線に集結した。その後は、ワンマン化、車体更新など大がかりな改造がなされており、登場当時の7500形と変わらないのは足回りの一部くらいである。走行音は、路面電車では比較的多いタイプの音で、モーターの音に関しては7000形と全く同じ。発車時のベルの音色が7000形と微妙に異なる。8800形に置き換えられ、花電車に改造された1両を除き全車引退した。

 

8500形

走行音その1(1.71MB)

収録区間:荒川線 宮ノ前→東尾久三丁目

走行音その2(1.39MB)

収録区間:荒川線 荒川七丁目→荒川区役所前

制御方式:VVVFインバータ制御(三菱GTO後期)

 

1990(平成2)年に登場した都電の車両。都電で初めてVVVFインバータ制御を採用したほか、外観も前面・側面ともに窓を大きくとった斬新なものとなった。また、塗装も従来車と同じ緑系ながら塗り分けの大きく異なるものを採用している。主電動機・制御装置は三菱製。当初は都電のほぼ全車をこの車両で置き換える計画だったが、財政難のため結局5両のみの製造に終わっている。走行音は、都営地下鉄5300形(ソフト変更前)や近鉄で聞けるタイプの音だが、路面電車でこの音を立てるのは全国でこの車両のみである。また車内放送が都電他形式とは異なる。 

 

8800形

走行音その1(1.49MB)

収録区間:荒川線 巣鴨新田→新庚申塚

走行音その2(2.50MB)

収録区間:荒川線 王子駅前→荒川車庫前

走行音(長区間)(11.6MB)

収録区間:荒川線 大塚駅前→荒川車庫前

制御方式:VVVFインバータ制御(東洋2レベルIGBT)

 

2009(平成21)年に登場した都電の車両。3次曲面と直線を組み合わせたデザインの外観に、車両ごとに異なる数種類のカラフルな塗装というこれまでの都電の車両とはかけ離れた外観が特徴。機器関連は先に登場したレトロ調車両9000形との共通品が多い。7500形の置き換え用とされている。走行音は、下で紹介している9000形と同じで、他社でもよく聞ける東洋IGBTの音である。

 

9000形

走行音その1(1.95MB)

収録区間:荒川線 飛鳥山→新庚申塚

走行音その2(1.69MB)

収録区間:荒川線 王子駅前→梶原

制御方式:VVVFインバータ制御(東洋2レベルIGBT)

 

2006(平成18)年に登場した都電の車両。外観・内装がレトロ調であり、通常の営業運転のほか団体やイベント用としても使われる。車体寸法は8500形に準じていて、扉配置も同車と同じである。車内は木目調で、間接照明を採用。座席配置は7000形や7500形に準じている。制御方式はVVVFインバータ制御で、仕様する素子が8500形のGTO素子からIGBT素子に変更になっている。製造メーカーも主電動機とともに東洋電機に変更になっている。走行音は東洋IGBTの標準的な変調パターンで、上で紹介している8800形と同じ音。


前のページへ戻る