鉄遊館

小田急電鉄

1000形

1081F(8両固定)走行音(オリジナル)(1.16MB)

収録区間:多摩線 小田急多摩センター→小田急永山

純電気ブレーキ改造車走行音(1.74MB)

収録区間:多摩線 小田急永山→栗平

制御方式:VVVFインバータ制御(三菱GTO)

 

1987(昭和62)年に登場した車両。小田急で初めてステンレス車体を採用した。また2600系で試験をしていたVVVFインバータ制御を本格的に採用した。制御装置は三菱製。1編成だけ存在する8両固定の1081Fには1000系で唯一自動放送装置が搭載されている。また側扉の幅を2mに広げたワイドドア車も存在するが、これは座席数が少ないという理由で後に1.6mに狭められている。全車純電気ブレーキが使えるように制御装置のソフト変更が施工された。オリジナル車も純電気ブレーキ改造を受けた車両もVVVFの音に関しては新京成8800形と同じパターンの音。モーター音の響きは同8800形とは異なる。また在来車とも併結できるようなブレーキの構造になっているためにブレーキ緩解音が古くさい。

 

2000形

走行音(現在その1)(731KB)

収録区間:小田原線 成城学園前→喜多見

走行音(現在その2)(1.04MB)

収録区間:小田原線 相武台前→小田急相模原

制御方式:VVVFインバータ制御(三菱3レベルIGBT)

 

1995(平成7)年に各停用の2600形を置き換えるために登場した車両。小田急で初めてIGBT素子使用のVVVF装置、電気指令式ブレーキを採用した。ドア幅は1000形ワイドドア車の結果に基づいて1.6mとなった。前面形状は1000形に類似するが、方向幕がLEDとなっている点が異なる。全車8両編成で、ブレーキ方式の関係もあって他形式車との併結は原則しない。第4編成は一部機器が廃車となった2600形VVVF改造車から流用されている。走行音は、登場時は現在とは異なる音だったらしいが、現在はメトロ03系三菱VVVF車などと似た音を立てている。

 

3000形

1次車走行音(1.14MB)

収録区間:江ノ島線 藤沢本町→善行

2次車走行音(1.06MB)

収録区間:多摩線 小田急多摩センター→小田急永山

3次車以降走行音(994KB)

収録区間:小田原線 読売ランド前→生田

制御方式:VVVFインバータ制御(三菱2レベルIGBT)

 

2002(平成14)年に登場した車両。前面形状は全車共通だが、側面や車内にはいくつかのバリエーションがある。最初に登場した1次車は2000系の流れを汲む1600mm幅のワイドドアが特徴で、車内も袖仕切が小型である点など2次車以降の車両とは大きく異なっている。2次車からは1300mm幅の標準的なサイズのドアとなった。また窓枠にJRE231系と同じ部品を使用するなどコストの削減も図られている。続く3次車では床下機器関連が変更され、主電動機の出力強化、歯数比の変更や継手形状の変更が行われている。またそのうち1編成は騒音対策から、試験的に床下機器がすべて防音カバーで覆われている。さらに4次車では扉上の案内装置がLED表示器からLCD画面に変更されている。なお、防音カバーは4次車以降の車両では採用されていないが、これは最新型ロマンスカーの50000系で実用化されている。走行音は、1・2次車は当時流行していたIPMを採用しており、都営6300系にも少し似た音になっている。3次車以降は、まるで東芝製のような音の変化のしかたになっているのが特徴。

 

4000形

走行音(地下区間その1)(907KB)

収録区間:地下鉄千代田線 新御茶ノ水→湯島

走行音(地下区間その2)(1.45MB)

収録区間:地下鉄千代田線 町屋→北千住

走行音(地上区間)(1.38MB)

収録区間:多摩線(多摩急行) 小田急永山→小田急多摩センター

制御方式:VVVFインバータ制御(三菱2レベルIGBT)

 

2007(平成19)年に登場した新型車両で、地下鉄千代田線への直通列車用として製造された。同列車は通常分割併合が無いため、全編成が10両固定編成として製造されている。JR東日本のE233系をベースとして設計されており、窓の形状や制御装置などに共通点を見いだすことができる。そのため一部の編成はJRの新津車両製作所で製造された。主電動機や駆動装置は小田急独自のもので、3000形で試験が行われた全密閉モーターが本格採用された。駆動方式はE233系とは異なりWN駆動である。そのため走行音も同車とは全く異なる音であり、全密閉モーター独特の音となっている。

 

5000形

走行音(2.28MB)

収録区間:江ノ島線(快速急行) 大和→中央林間

制御方式:抵抗制御

 

1969(昭和44)年に登場した急行用車で、現在は全車引退済。前面は2220形から続くいわゆる小田急顔であり、9000形の製造後まで増備が続けられたため、小田急最後の小田急顔の車両だった。4両固定編成と6両固定編成では増備された時期が異なるため、側面窓の形状が異なっている。走行音は、甲高いモーター音が特徴。小田急らしい音である。

 

8000形

チョッパ車走行音(全区間)(20.5MB*)

収録区間:多摩線 新百合ヶ丘→唐木田

制御方式:界磁チョッパ制御

VVVF車走行音(1.03MB)

収録区間:多摩線 小田急多摩センター→小田急永山

制御方式:VVVFインバータ制御(三菱2レベルIGBT)

 

1982(昭和57)年登場の9000形に続く界磁チョッパ車。急行から普通まで幅広く運用されている。小田急最後の鋼製車であり、他車よりも腐蝕対策に力を入れている。一枚窓のように見える前面形状が特徴。走行音は、小田急らしく甲高いモーター音が特徴。全編成に更新工事が施工され、最初の2編成を除き3000形3次車以降と同仕様の制御装置・モーター・ブレーキ方式に交換している。また、2007年更新分からは主電動機は4000形で採用した全密閉モーターとなっている。その車両の走行音は、3000形3次車以降と同じである。

 

9000形

走行音(857MB)

収録区間:江ノ島線 本鵠沼→鵠沼海岸

制御方式:界磁チョッパ制御

 

1972(昭和47)年に、地下鉄千代田線直通用として登場した車両。小田急で初めて界磁チョッパ制御が採用された。方向幕部と一体となった前面窓が特徴で、これは後になって登場する各社の車両に大きな影響を与えた。末期は地上運用専用となっていたが、2005(平成17)年、3000形の増備に伴い引退、全車廃車となった。走行音は小田急では珍しい高速域で低い音が目立つモーター音が特徴。西鉄2000形や同5000形などと似た音で、一時期の三菱製のモーターの標準的な音でもある。

 

20000形(RSE)

走行音(長区間)(24.4MB)

収録区間:JR御殿場線 「あさぎり」1号 谷峨→沼津

制御方式:抵抗制御

 

1991(平成3)年に登場した、JR御殿場線直通用のロマンスカー。御殿場線に直通用ロマンスカーを本系列に置き換えるにあたり、直通先のJR東海との協定に従って製造されたため、従来のロマンスカーとは大きく仕様が異なっている。3100形(NSE)以来、ロマンスカーと言えば先頭車の展望席が特徴だったが、本系列では松田駅での乗務員交代の都合などから展望席は無い。また、連接構造も廃され、通勤用車両と同じボギー車となっている。中間に小田急としては初めてかつ唯一の2階建車が連結され、その2階は小田急では唯一の存在となる特別席スーパーシート(JRではグリーン車の扱い)となっている。このような基本仕様を除く部分は10000形(HiSE)の実績が活かされ、平屋車両はハイデッキ構造となり、足回りも10000形とほぼ共通のシステムを採用している。好評であったハイデッキ構造だが、この構造ゆえにバリアフリー化改造が難しく、10000形と共に2012(平成24)年に引退することとなった。10000形と共通のシステム故、走行音も同車に準じるものとなっている。国鉄急行型と歯車比が同じため、同型と似たような心地よい唸りを聞くことができる。

 

60000形(MSE)

走行音(デッキ)(1.51MB)

収録区間:多摩線 「メトロホームウエイ」71号  小田急永山→小田急多摩センター

制御方式:VVVFインバータ制御(三菱2レベルIGBT)

 

2008(平成20)年に登場した地下鉄直通用ロマンスカー。青い塗装が特徴。日本の鉄道車両としては初めてAEDが搭載されている。地下鉄線内と小田急線内で加速度を切り替える機能を持つ。制御装置は東芝製。走行音は、変調パターン自体は最近の東芝IGBTの標準的なもので、TX-1000系などと同じパターン。モーターの音は小田急4000形の音をギア比の分だけ低くした感じ。全閉モーターを採用するなどして騒音対策に気を遣っている割に結構はっきり聞こえる音で、客席に居ても音の変化がよくわかる。


前のページへ戻る