鉄遊館

相模鉄道

5000系

走行音(全区間)(20.7MB)

収録区間:横浜→湘南台(各停)

制御方式:VVVFインバータ制御(東洋GTO初期)

 

1955(昭和30)年に前面2枚窓・ボディーマウント構造の車体で登場したものの、老朽化のために1972(昭和47)年から車体が2100系や7000系に準じたものに載せ替えられ、さらに1988(昭和63)年からVVVF化が行われと改造をくりかえした車両。登場時の原型は全くとどめていない。世界で初めて側窓に自動窓を採用した。電機品は東洋電機製で、駆動方式は相鉄伝統の直角カルダン駆動。VVVF化改造時期の関係で、路面電車でよく聞ける東洋GTOの初期形の音を立てるが、直角カルダン駆動独特の低い唸りを上げるモーター音との組み合わせはここだけのもの。元々10両編成2本しか存在しない稀少車種であったが、10000系による置き換えが始まり、1編成が廃車となった。もう1編成は4年ほど予備車として生き残ったが、11000系により置き換えられた。

 

7000系

抵抗制御車走行音(全区間)(55.8MB*)

収録区間:湘南台→横浜(各停)

制御方式:抵抗制御(直角カルダン駆動)

VVVF車走行音(全区間)(54.4MB*)

収録区間:横浜→湘南台(各停)

制御方式:VVVFインバータ制御(日立GTO初期)

 

1975(昭和50)年に登場した車両。2100系や5000系(更新後)とほぼ同じアルミ車体の新造車。現在の相鉄では最もポピュラーな車両。初期車の足回りは6000系とほぼ同じ。1986(昭和61)年製造分からは車体デザインが変更された。これより後の新造車は「新7000系」と呼ばれ、在来の7000系とは区別されている。1988(昭和63)年製造分からは足回りがVVVFインバータ制御・交流モータとなった。電機品は全車とも日立製で、駆動方式は相鉄伝統の直角カルダン駆動。走行音は、抵抗制御車はモーター音がかなり小さいのが特徴。VVVF車は反対にモーター音は比較的大きく、直角カルダン駆動のため重厚な唸りが特徴。変調音はありがちな初期の日立GTOの音だが、同期モードの最初の変調が短い。

 

8000系

走行音(全区間)(43.1MB*)

収録区間:湘南台→横浜(快速)

制御方式:VVVFインバータ制御(日立GTO中期)

 

1990(平成2)年に登場した新造車。まるで地下鉄直通車のようないでたちが特徴。この8000系は日立製作所製だが、同時期の製造で外観も足回りも全く異なる東急車輌製9000系も存在する。ただ、この8000系は9000系の製造終了後も増備が行われている。10000系では足回りも含めてJRE231系ベースとなり、平行カルダン駆動となったため、この形式は相鉄最後の直角カルダン車といえる。制御装置も車体と同じく日立製である。走行音は、この車両以外には東急8500系VVVF車の2両にしか見られない日立GTO中期の変調音。初期と後期の音を足して2で割ったような変調音で、登場時期からしても初期から後期への過渡期の音ともいえる。モーターの音は直角カルダン独特の重厚な唸りが特徴。

 

9000系

走行音(GTO車・全区間)(49.6MB*)

収録区間:大和→横浜(各停)

制御装置:VVVFインバータ制御(東洋GTO後期)

走行音(IGBT車・全区間)(49.5MB*)

収録区間:湘南台→横浜(各停)

制御装置:VVVFインバータ制御(日立2レベルIGBT)

 

1993(平成5)年に登場した新造車。8000系同様まるで地下鉄直通車のようないでたちが特徴だが、外観は8000系とは大きく異なる。8000系の項で述べた通り、この車両は8000系とメーカー違いで同時期に製造された車両である。ただしこちらのほうが製造時期が短く、両数も少ない。制御装置は東洋電機製。走行音は、インバータの音は東洋後期標準の音。モーターの音は直角カルダン駆動独特の重厚な唸りが特徴だが、この車両の場合は非同期モードの時点からモーターが唸り始めるのが特徴で、低速ではインバータの音とモーターの音が同時に聞こえる。2013年頃より制御装置の換装が開始された。こちらは日立IGBTであり、京王9000系と南海8000系を足して2で割ったような変調音が特徴となっている。

 

11000系

走行音(全区間)(46.7MB*)←new!!!

収録区間:横浜→海老名(快速)

制御方式:VVVFインバータ制御(三菱2レベルIGBT)

 

2009(平成21)年に登場した車両で、JR東日本のE233系をベースとして製造されている。先頭形状以外はほぼ同車の仕様を踏襲しており、足回りも含め共通の部品が使われている。車体幅もJRと同じ幅の広幅車体とされており、裾絞りの形状もE233系と同じとされているが、これは私鉄としてはかなり広幅の車体である。走行音もE233系通勤タイプと同じ音となっている。


前のページへ戻る