鉄遊館

川崎市交通局

日野 LJG-HU8JLGP

走行音(全区間)(18.9MB★)

収録区間:神明町線 川74系統 川崎駅東口→上平間

 

上平間営業所に在籍するブルーリボンシティハイブリッドである。空調機の他にバッテリー等の機器を屋根上に搭載しているため、コブのような出っ張りがあるのが特徴。収録の神明町線は川崎駅と営業所最寄りの上平間を結ぶ路線だが、大半の便は駅西側のラゾーナ広場を発着しており、東口発着は本数が少な目である。全体的にかなりエンジンを回しており、迫力のある走りであった。

 

日野 2SG-HL2ANBP

走行音(全区間)(27.7MB★)

収録区間:渡田線 川40系統 川崎駅前→JFE前→水江町

 

塩浜営業所に在籍するブルーリボンハイブリッドである。ブルーリボンシティハイブリッドから改良が加えられ、車体がエルガと同じデザインになった他、エンジンが4気筒化された。また、屋根上の空調機部分およびバッテリー部分が小型化され、出っ張りが少なくなっている。ハイブリッド機構にも改良が加えられ、モーターの力のみで発進できるようになった。

 

いすゞ KL-LV280L1改

走行音(全区間)(19.9MB★)←new!!!

収録区間:埠頭線 川04系統 川崎駅前→塩浜営業所

 

塩浜営業所に在籍するエルガノンステップ車である。収録した2021年時点では川崎市バスで最も古い部類の車両で、近隣の事業者でもこの世代の車両はほぼ引退か地方譲渡されている。KL代エルガで、V8エンジンを搭載しているのが特徴。独特の重厚な音を立てて走る。収録時はかなりエンジンを回しており、かなりの迫力であった。

 

いすゞ PDG-LV234L2改

走行音(全区間)(その1)(31.9MB★)←new!!!

収録区間:水江町線 川10系統 川崎駅前→水江町

走行音(全区間)(その2)(30.5MB★)←new!!!

収録区間:水江町線 川10系統 水江町→川崎駅前

 

塩浜営業所に在籍する最後のCNGエルガである。塩浜営業所管内は工業地帯であり、公害問題があったため低公害車の導入を推進しており、CNG車もその一環として導入された。最盛期には日産ディーゼル製も含め多様な車両が在籍していたが、2021年現在殆どの車両が屋根上に搭載したボンベの耐用寿命の関係もあり引退した。ディーゼル車と比べると軽い感じのエンジン音なのが特徴。このPDG代はオートマ車であり、アリソン製のトルコンATを搭載している。

 

いすゞ QSG-LV234L3

走行音(全区間)(26.6MB★)

収録区間:水江町線 川10系統 川崎駅前→塩浜

 

塩浜営業所に在籍するエルガハイブリッドである。川崎市バスの中でも少数派の車種で、なかなか遭遇出来ない。QQG代と改良版のQSG代が存在し、収録はQSG代で行った。なお、牟岐海岸鉄道さんも同じ車両で録っている。日野のハイブリッドバスに先駆けてモーターの力のみで発進できる設計となったが、バッテリー等の機器を車内に搭載しているため客室後方にデッドスペースが出来てしまっている。電車の直角カルダン車のような重厚なモーター音を立てる。


前のページへ戻る