鉄遊館

土佐くろしお鉄道

TKT-8000形

走行音(初期型・全区間)(その1)(81.0MB★)←new!!!

収録区間:中村線 窪川→中村

走行音(初期型・全区間)(その2)(79.1MB★)←new!!!

収録区間:中村線 中村→窪川

機関:6H13AS(250ps/1900rpm)

変速機:TACN-22-1100(変2,直1)

走行音(後期型・全区間)(44.5MB★)←new!!!

収録区間:宿毛線 宿毛→中村

機関:DMF13HZ(330PS/2000rpm)

変速機:TACN-22-1621(変1,直2)

 

1988(昭和63)年の中村線開業時から活躍する車両で、開業時に導入された5両(初期型)と、宿毛線開業後に導入された3両(後期型)に大別される。両者では外観デザインこそ大差ないものの、足回りなど各部の仕様が大幅に異なっており、走行音も両者で異なる。後期型はエンジン出力が初期型に比べパワーアップしている。

 

*画像はクリックすると別窓で拡大画像を表示します。

外観 車体は前面を除きステンレス製で、全体が1両ごとに異なるデザインのラッピングがなされている。眺望を考慮し、車体中央部の側窓が大きくなっているのが特徴。
車内 車内の様子。車体中央部は転換クロスシート、車端部はロングシートとなっている。側窓が大きくなっている箇所には荷棚が無い。なお、後期型のうち1両はイベント用としても使用できるようオールロングシートとなっている。

前のページへ戻る