鉄遊館

東武鉄道

1800系

走行音(通勤形改造車)(全区間)(23.4MB*)

収録区間:小泉線 館林→西小泉

主電動機:TM-63(130kW)

制御方式:抵抗バーニヤ制御(カルダン駆動)

 

1969(昭和44)年に登場した、急行形車両。特急形と同じく回転クロスシートを採用、伊勢崎線の急行「りょうもう」に用いられていた。最終増備の編成は、クーラーやライトの形状などが異なるマイナーチェンジ車となっている。足回りは通勤形の8000系とほぼ同じである。後継車の200・250系が登場しために、急行「りょうもう」からは撤退。マイナーチェンジ車は1987(昭和62)年製であり、比較的経年が浅いために波動輸送用として残っている。その他の編成は300・350系に改造されたり、デッキや一部座席の撤去、塗装変更などを行って通勤形に改造されて支線で運用されたりしたが、後者は支線各線のワンマン化に伴って廃車となった。上の走行音の収録は通勤形改造車で行った。走行音は8000系にほぼ準じるが、車体の関係からかジョイント音の響きが異なる。

 

5050・5070系

解説ページへ

 

6050系

走行音(全区間)(78.9MB*)

収録区間:日光線 新栃木→東武日光

主電動機:TM-63(130kW)

制御方式:抵抗バーニヤ制御(カルダン駆動)

 

1985(昭和60)年登場した6000系の車体更新車だが、一部に完全新造の車両も存在している。快速・区間快速や日光線新栃木以北の普通列車を中心に運用されていて、長距離の利用を考慮して片側2扉、セミクロスシート、トイレ付きとなっている。足回りは、モーターは標準型の8000系ユニット車と同じだが、山岳路線での運用を考慮して、電気ブレーキや抑速ブレーキを装備している。台車は車体更新車と完全新造車で異なったものを装備している。モーター音は、8000系と同じ音色ではあるが、床が厚いのか、8000系より静かで、電制付きのために減速時にもモーター音がする点が異なっている。

 

8000系

ユニット車走行音(全区間)(42.4MB*)

収録区間:野田線 船橋→柏

主電動機:TM-63(130kW)

1M車走行音(全区間)(41.6MB*)

収録区間:野田線 船橋→柏

主電動機:TM-64(130kW)

制御方式:抵抗バーニヤ制御(カルダン駆動)

 

1963(昭和38)年に登場し、その後20年にわたり私鉄最多の712両が製造された車両。標準化が進められたその形態や両数の多さから、「私鉄の103系」と呼ばれていたりする。15年以上に渡って更新が進められ、現在は全車が更新車となっている。8000系は多段式の制御装置を搭載しているため加速はスムーズなはずなのだが、実際は直並列切替のときの衝撃が大きくお世辞にもスムーズとは言えない。モーターは端子電圧の関係からユニット車と1M車で異なっていて、前者は1800系や6000系(→6050系)でも採用されていてこの頃の東武の標準品のTM-63が、後者が8000系独自のTM-64が採用されていて、モーター音もそれぞれで異なっている。また製造コスト削減の関係から電制が付いていないのも特徴。新車導入により廃車が進んでおり、その両数は半分以下になってしまった。

 

800・850系

800系走行音(全区間)(44.8MB*)

収録区間:伊勢崎線 太田→館林

主電動機:TM-63(130kW)

制御方式:抵抗バーニヤ制御(カルダン駆動)

 

2005(平成17)年に、8000系8両固定編成の更新修繕工事の際に、モハ8200形とモハ8300形を先頭車化改造して誕生した車両。その際に余剰となったサハは廃車となった。ワンマン運転が可能である。8000系の3両固定編成バージョンではあるが、8000系の番号に余裕が無いせいか新形式が付与された。モハ8300形を先頭車化したグループが800系、モハ8200形を先頭車化したグループが850系を名乗る。当初は800・850系同士で併結した6連で本線運用されていたが、2006年3月のダイヤ改正で転属し、現在は伊勢崎線の末端区間と佐野線で、3連でワンマン運転を行っている。8000系時代よりも電動車比率が高くなったため、加速度が向上している。走行音は、8000系ユニット車と同じで、ドアチャイム・自動放送が付いている。

 

9000系

走行音(試作車・全区間)(86.3MB★)

収録区間:東上線(急行) 森林公園→池袋

走行音(量産車・修繕車・全区間)(60.5MB*)

収録区間:東上線(準急) 川越市→池袋

制御方式:AFEチョッパ制御(東洋)

 

1981(昭和56)年に有楽町線直通を見越して試作車が登場。その後直通に伴い量産車が登場した。営業用では東武初のチョッパ制御車。製造時期によって車体や車内に細かな違いが見られる。前面は当時地下鉄直通車等で増えつつあった左右非対称のスタイルであるが、後に登場した伊勢崎線用20000系とはかなり異なる。副都心線開業に伴い、修繕工事が実施された車両は、車内が50070系に近いものになっている他、方向幕のフルカラーLED化、保安装置や運転台の取り換えなどが行われている。走行音は、複巻電動機を採用しているためモーター音自体は10000系にも似た音がするのだが、それが「ブーン」というチョッパ音と重なって聞こえるのが特徴。20000系ともほぼ同じ音だが、他社ではあまり聞くことができない音。試作車はドア開閉音やブレーキ緩解音が量産車とは異なる。

 

9050系

走行音(全区間)(60.5MB★)←new!!!

収録区間:東上線(準急) 川越市→池袋

制御方式:VVVFインバータ制御(東洋GTO後期)

 

9000系の増備に当たりVVVFインバータ制御化され、基本的なデザインは変わらないものの車内外に変更が加えられた車両。この車両の特徴は20050系とともに車内の扉上に設置されたLCD画面にあったが、思いのほか画面の劣化が早く、現在では撤去されてLED表示器となっている。副都心線乗り入れ改造時に更新工事が行われ、登場時とは大きく雰囲気が変わっている。チョッパ制御の9000系同様に東洋電機製の制御装置が採用されている。走行音は、名鉄3500系や3700系のように重厚な感じの変調音で、起動時にはインバーターからの「ジー」という感じの響きも聞こえてなかなか味がある。なお、20050系と20070系も同じ機器を使っているため同じ音を立てる。

 

10000系列

ユニット車走行音(更新車・全区間)(42.1MB*)

収録区間:野田線 船橋→柏

主電動機:TM-83(140kW)

1M車走行音(未更新・全区間)(41.3MB*)

収録区間:伊勢崎線 館林→久喜

主電動機:TM-84(140kW)

制御方式:界磁チョッパ制御

 

1983(昭和58)年に登場した東武初の界磁チョッパ車。増備を重ねながらマイナーチェンジが重ねられ、その都度10000系→10030系→10030系(10050型)と形式が変更になっている。またVVVF試作車の10080系も存在する。9000系に続きステンレス車体を採用したが、10000系では前面がかなり格好悪くなっているため不評である。更新工事が進行中で、内装の総取り換えや行先表示機のLED化、ドアチャイム取付など多岐にわたる内容となっている。8000系同様端子電圧の関係からユニット車と1M車でモーターが異なっている。両者のモーター音の雰囲気はかなり似ているが、若干1M車の方が低速域において低音が強い。

 

20000系

走行音(全区間)(59.9MB*)

収録区間:東京メトロ日比谷線 中目黒→北千住

主電動機:TM-83(140kW)

制御方式:AVFチョッパ制御(東洋)

 

1988(昭和63)年に、老朽化し非冷房車であった地下鉄日比谷線直通用車両2000系を置き換えるために登場した車両。車体は2000系と同じ18m3扉であり、前面左側には非常用の貫通扉が設けられている。制御装置は9000系と同じ東洋製のAVFチョッパ制御のもので、この方式は東武以外では昔阪急に試作車が存在していたのみである。主電動機は10000系と同じもので、複巻電動機であるために界磁チョッパ車のような音を立てる。

 

20050系

走行音(1.02MB)

収録区間:伊勢崎線 北越谷→越谷

主電動機:TM-92(150kW)

制御方式:VVVFインバータ制御(東洋GTO後期)

 

20000系を増備するにあたり、ラッシュ輸送対策で日比谷線内で混雑する編成前後の2両ずつを片側5扉とした車両。当初は扉上にLCD画面が設置され旅客案内を行っていたが、劣化が早かったため早期に撤去された。現在は代わりにLED表示機が取り付けられている。足回りは20000系とは異なり、VVVFインバータ制御が採用された。制御装置は東洋製で、走行音は9050系と同じ。

 

20070系

走行音(全区間)(169MB*)

収録区間:東京メトロ日比谷線、東武伊勢崎、日光線 中目黒→北千住→南栗橋

主電動機:TM-92(150kW)

制御方式:VVVFインバータ制御(東洋GTO後期)

 

1997(平成9)年に列車増発用として登場した日比谷線直通用車両。車体は20000系に準拠しており、片側3扉で扉間には2連窓が2つ並ぶ。20050系で採用された扉上のLCD画面は設置が取りやめられ、製造当初からLED表示機とされている。足回りは20050系とほぼ一緒で、モーター音も同じ。ドアエンジンが30000系と共通のものに変更されたため、ドア開閉音が20050系とは異なる。

 

30000系

走行音(全区間)(47.0MB*)

収録区間:東上線 池袋→志木

主電動機:TM-95(190kW)

制御方式:VVVFインバータ制御(日立3レベルIGBT)

 

1997(平成9)年に将来の半蔵門線直通を見越して登場した車両。当初は伊勢崎・日光線で10000系などとともに活躍していたが、半蔵門線直通開始以降は直通専用車となった。ただし、10両固定編成ではなく、地下鉄直通用としては使いにくいため、大半の車両がその座を50050系に譲って地上専用車となっている。インバータは日立3レベルIGBTの後期の標準的なもの。一部の車両では中速域で音階を刻むモーター音を発する。10000系と併結すると加速度が10000系に合わせて落ちる。

 

50000系

走行音(全区間)(54.8MB*)

収録区間:東上線(準急) 池袋→川越市

主電動機:TM-03(165kW)

制御方式:VVVFインバータ制御(日立2レベルIGBT)

 

2005(平成17)年に営業運転を開始した車両。製造は46年ぶりに日立製作所が担当している。数々の新機軸を採用していて、特に視覚障害者対策には目を見張るものがある。加速度は3.3km/h/sで、地上専用ながら地下鉄直通車とそろえられている。走行音は日立製のインバータながら「ヒュルヒュル」という濁ったような非同期音が特徴。ただ音の高さや変化の仕方は同社の2レベルの標準的なもの。モーター音は比較的静か。また視覚障害者対策で停車時に一定間隔で鳴るチャイムが搭載されているのも特徴で、これはおそらく在来線の通勤形車両では初の試みと思われる。また50000系では東武で初めて電気式のドアエンジンを採用したが、これはJR東のE231系等とは全く異なる開閉音で、戸閉め後にドアをロックする音が目立つ。

 

50050系

走行音(816KB)

収録区間:東急田園都市線 南町田→すずかけ台

主電動機:TM-03(165kW)

制御方式:VVVFインバータ制御(日立2レベルIGBT)

 

2006(平成18)年に登場した50000系の半蔵門線直通仕様車。製造は50000系同様日立製作所が担当。地下鉄乗り入れ基準を満たすため、前面に非常用貫通扉が設置された。側面の形状は50000系に準じている。置き換え対象の30000系は地上専用車となり、地下鉄直通用の機器類は不要となるため、第1編成を除きそれらの機器類は30000系からの流用である。伊勢崎線向けとしては初の10両固定編成となり、東急線内での混雑緩和に役立っている一方、北千住以南と南栗橋・久喜以北へは入線できない。ドアエンジンは50000系同様電気式で、足回りも共通品。走行音も全く同じ。

 

50070系

走行音(1.45MB)

収録区間:東上線 新河岸→川越

主電動機:TM-03(165kW)

制御方式:VVVFインバータ制御(日立2レベルIGBT)

 

2007(平成19)年に登場した50000系の副都心線直通仕様車。製造は日立製作所。車体形状は50000系そっくりだが、本形式のほうが先頭車の車体長が13cm長い。ATOによるワンマン運転に対応した関係で、運転室内のレイアウトが50000・50050系とは全く異なる。また、9000系更新車で採用したフルカラーLEDを本形式でも採用している。走行機器関連は50000系と共通品で、走行音も同じ。

 

60000系

走行音(全区間)(42.2MB*)

収録区間:野田線 柏→船橋

主電動機:TM-12(165kW)

制御方式:VVVFインバータ制御(日立2レベルIGBT)

 

2013(平成25)年に登場した、野田線用の車両。50000系に引き続き、日立製。車体形状は50050系後期車、50090系をベースに先頭形状と塗装を変更したものとなっている。50000系と比べるとグラスコックピットの採用、客用扉上部の旅客案内装置のLCD画面化、各種照明のLED化、全閉式モーターの採用などが新機軸となっている。制御装置も小型化がなされた別形式のものとなっている。そのため走行音も50000系とは異なり、JRE531系やE233系3000番台のような音となっている。


前のページへ戻る